バニラエアラインで奄美大島へ行きました

スタッフはとても忙しそう

東洋のガラパゴスに格安航空を利用したスタッフはとても忙しそう思っていたよりも快適だった

駅から空港までは徒歩で向かう事になります。
シャトルバスも利用する事ができるので、お年寄りや子供や荷物が多い場合は、シャトルバスに乗るととても楽に空港へ行く事ができます。

機内に笑い声が起こりました。英語でも同じように自己紹介してました。バニラエア、安くていいですよー。

— miki_cloverZ (@miki_cloverZ) 2018年2月13日
バニラエアは成田国際空港の第3ターミナル2階で搭乗手続きなどをするので、そこへ向かう事になります。
搭乗手続きの時間は、航空機の出発時間の120分から50分前までになっています。
鉄道を来る時に利用する空港第2ターミナルビル駅からは、徒歩で来ると約20分から25分程かかります。
かなり時間がかかってしまうので、出発日当日は時間に余裕を持たせなければいけません。
第3ターミナルビルに着き2階へ行くと、チェックインカウンターがあります。
マニラエアラインのスタッフは、チャックインの手続きや荷物や搭乗口などの仕事でとても忙しそうに働いていました。
バニラエアラインは格安航空会社なので、料金を安くするためには1人でいろいろな仕事をしているようです。
出発までは少し時間があったので、フードコートに行く事にしました。
フードコートは出発口のすぐ前なので、出発時間になって慌てる事がありません。
フードコートの中には、お土産物も販売しています。